自己破産の手続きを説明!

自己破産の手続きを説明!

「自己破産」という言葉。
なんだか、重い言葉で、まるで人生の終わりのような言葉に聞こえてしまう方もいるかもしれません。

 

でも、人生には、それでもこの手続きをしなければいけないことだってあると思います。
今日は、そんな自己破産についてその制度内容や手続きを、皆様に簡単に説明させていただきたいと思います。

 

まず、自己破産制度には、自分の財産を失う代わりに債務(債務というのは、簡単に言えば借金のことです。逆にお金を貸し、返してもらう権利を債権と言います。)を帳消しにしてもらう制度です。ただ、その代わり、全ての今持つ財産を失う覚悟をしなければなりません。

 

しかし、そう言うと、なんだか自己破産後はまともな生活を出来ないように聞こえますが、そんなことはありません。
自己破産の後に得た収入や財産は本人が自由に使えるので安心してください。

 

さて、そんな自己破産の手続きですが、まず自己破産手続きに必要な書類を地方裁判所に持っていきます。
次に、即日~1・2ヶ月後に、破産の審問という裁判官からの自己破産制度が適用されるかどうかの簡単な質問があります。
それから、破産手続きが開始し、終わるまで1,2ヶ月かかります。

 

ただ、自己破産にまで至る前に、借金について周りの人、信用できる人に相談することも大事ですので、是非、検討してみてください。

 

自己破産は債務整理の中でも一番大きな救済システムです。債務者の返済能力に応じて、いくつか方法があり、借金は無くならないが、借金額を減額して借金返済をしていきたいと考えている方には個人再生があります。また、自己破産のようにその後の影響は自己破産ほどではないが、個人再生デメリットもあるので、一度ご確認ください。