2回目の自己破産をする方法

2回目の自己破産をする方法

どうしても借金を返すことができない人の最後の手段となるのが、自己破産になります。借金生活の苦しみから逃れるための債務整理はいくつもありますが、その中でも自己破産はとてもハードルが厳しくそして債務者が誰でもできるというものではありません。認める裁判所もその判断は厳しくなるもので、簡単には許可をしてくれません。しっかりと弁護士と相談をして打ち合わせを行うことが大切になります。

 

自己破産は特に回数は定められておらず、裁判所に認められれば何回でも行うことができますが、2回目からになるとさすがに厳しい認定になります。自己破産を認める大前提として、いろんな手段を用いても返済することができないという事由があります。これは自己破産を認めるうえで免責不許可事由というものがあり、借金を返済することができない能力が認められないと自己破産と借金の免責は認められないことになります。2回目からはこれを厳しく判断されます。特にギャンブルなど浪費癖に対して裁判所は厳しく見ており、この人は1回目免責が下りたのに全く反省しておらず更生できていないと判断されることも非常に多いです。

 

またこの免責不許可事由には、1回目から7年後にならないと自己破産は認められないというものも含まれています。よって1回目から7年後にならないと2回目は決して裁判所は認めないということになります。特に2回目から厳しくなりますので、他の債務整理を検討する債務者も多いです。

2回目の自己破産をする方法関連ページ

彼氏に頼まれ借金したのち自己破産した実体験
30代女性が自分で自己破産の手続きをした実体験について
買い物とギャンブルに夢中で借金し自己破産した実体験
40代女性の借金300万円の返済計画から完済までの体験談
事業に失敗し3億円の借金!のちに自己破産した実体験
60代男性、事業に失敗してからの借金生活とその返済生活の体験談
海外と日本の自己破産の違い
自分の借金で自己破産したと言うよりも、他人の連帯保証人で自己破産しているので、簡単に連帯保証人にならない方が良い。という体験談
自己破産する主婦
借金が膨れ上がってしまい、電話相談や、弁護士事務所などを訪れての直接相談を行って事実関係をハッキリさせることが望ましいでしょう。こうした一歩によって新たな人生が切り開かれていくはずです。
自己破産は条件を確認して
借金が膨らみすぎて自己破産を検討している場合には、自分の条件がこの手続きに適しているかどうかを確認してから申立てをする必要があります
借金地獄から学んだこと
今現在、震災の影響で、私を含め多くの方々が生活費の確保の為に、渋々借金をせざるを得ない状況かと思います。